2016年09月10日

板壁の家完成

2000_114s

 道路面よりも敷地が高く、切妻屋根は街並みに対してだいぶ高い感じをあたえますが、雰囲気を合せた自転車置き場がスケール感を整えてくれたと思います。街並みは1軒の住宅ではできないものです。


stutiya_111
切妻屋根の街並み


 この住宅が切妻屋根の形となったのは、斜線等の関係もありましたが、隣家が切妻であったことも大きな理由でした。つくり方も仕上げ材もまったく違いますが、街のシルエット(やねなみ)は可能な限りルールがあったほうが良いだろうと考えています。

stutiya_212_2s

 天に向かってそびえる大黒柱が家の中心に立つ居間が大きな特徴となりました。それを取り囲む太い柱。その柱に落とし込まれた板がそのまま室内の仕上げ材としてインテリアを決定づけています。この柱はご家族をずっと見守ってくれることでしょう。

sDSCF0025s
吹き抜けの見下ろし



posted by 太郎丸 at 02:20| Comment(0) | 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。