2004年01月16日

和瓦葺き

2000_1007_026s.jpg

屋根は、いぶし瓦によって葺いています。屋根勾配が急でしたから施工は危険でした。カメラを向けているこちらとしては、足元が不案内でほんとうに怖かったですね。
屋根工事の施工を間近で見る機会は少ないので、やせ我慢して、足場にしがみつきながら記録をとりました。
桟瓦の葺き方も現場によって異なりますが、ここでは団子葺きという施工法で、瓦桟部分に葺き土で団子を盛って、その上に一枚一枚瓦を押さえつけ、なじませながら据え付けています。葺き土は水に強い南蛮シックイを使っています。
posted by 太郎丸 at 08:15| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする