2004年01月16日

角垂木

2000_0826_176s.jpg

小屋組は、桁、母屋に4寸角の垂木を乗せ掛け、その上に板壁と同様の厚38mmの杉板を野地板として張ります。この野地板はそのまま室内の仕上げともなります。
切妻屋根に規則正しく並ぶ垂木はきれいですね。
ここでは、軒桁にダボを打ち込み、そこに垂木を落とし込んで固定しています。


posted by 太郎丸 at 08:10| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。