2004年01月16日

胴差を仕込む

2000_0825_256s.jpg
通し柱に胴差を仕込もうとしているところです。楔で締めるためには柱からホゾを飛び出させますが、ホゾを差し込むまで柱の間を開かなければなりません、けっこう木はしなりながら開くものですが、今回は板壁の影響もあってやっかいな仕事になってしまったようです。雇いホゾ等を利用することで、逃げのある納まりとするほうが、作業としてはよかったかもしれません。
しかし、組みあがってしまえば、外れようがないですね。
棟梁たちには怒られそうですが、経験的に、建て込みでたいへんな現場はその分しっかりしているという感じがしますね。m(_ _)m


posted by 太郎丸 at 08:00| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。