2004年01月16日

通し柱と梁

2000_0825_071s.jpg

通し柱に床梁を差しています。柱と床梁を締め付けるのには、掛け矢(大きな木槌)で柱の側面からガンガン叩いて材をくっつけますが、この柱ではウインチを使って、材どおしを引き付けあっています。柱の角が傷まないように、当て木をしているのが分ります。
差し込まれたホゾは、楔を打ち込んで緊結します。


posted by 太郎丸 at 07:00| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。