2004年01月16日

落とし込み板の取り付け

2000_0825_061s.jpg

壁の厚板は柱に切られた溝に落とし込むために、柱の頭に梁等が乗ってふさがれる前に取り付けなければなりません。

2000_0825_056s.jpg

板の巾は、ほとんど寸法の逃げを取らずに溝の内法で切った板ですから、一枚一枚をたたき込みながら、という作業になりました。

2000_0825_016s.jpg

また、板と板とがずれないようにダボを打ち込みながらこの作業を繰り返します。

2000_0825_011s.jpg

2000_0825_001s.jpg

今回は、通し柱があるため、端部の胴差は差仕口の納まりになります。板を組み込めば組み込むほど、壁は固まってきますから、軸組みをゆがませながら差し口を納めるということがやりにくく、梁の組み込みはたいへんでした。
全てを管柱にすることによって、作業性を向上させられそうです。次回のチャレンジとしましょう。
posted by 太郎丸 at 06:00| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする