2004年01月15日

墨付け・刻み

2000_0811_072s.jpg
            大黒柱の墨付け

大黒柱が太いのは良しにしても、ほかの材料も太いね。というのが実際に材料を刻む棟梁の感想、というよりブーイングに近いものだったかも知れません。

2000_0811_220.sjpg.jpg

手刻みといっても、今では電動工具や木工機械をいかに活用するのかが作業効率の上では重要なポイントになります。そのため材の断面が大きいと、そういった道具や機械の治具がセットできないなどで使えない場合があり、ちょっと手間どることにもなったようですね。でもその辺は、機械をいかに道具化するか、毎回工夫の連続であるというところの棟梁たちの日ごろの技量で吸収してもらえました。今回も、感謝、感謝の連続。

2000_0811_066s.jpg
       隅木落ち掛かりの刻み

2000_0811_240s.jpg
       小根ホゾ 割り楔の楔道の切り込みがわかる


posted by 太郎丸 at 03:10| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。