2004年01月15日

下小屋にて材木を見る

2000_0607_016s.jpg

建て主さんと下小屋での打ち合わせ。
大黒柱や梁の杉材、土台の栗材などこれから加工されていく材料を見ながら、どこにどういったものが使われるのかなどを説明させてもらいました。
スケール1/30の架構模型を作っていましたので、まだ組みあがる前の状態ですが、おぼろげながらイメージしていただけたようです。それよりも木の太さに驚かれていました。


posted by 太郎丸 at 02:03| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。