2004年01月15日

現場でネコを作る

2000_0724_091s.jpg

ネコは土台の下に敷く基礎のパッキン材ですが、ここでは平らな基礎の上にモルタルで作られました。ネコ天端の基準を定めた水糸をそれぞれの基準として一つづつ作っています。

2000_0725_056s.jpg

細い角材を定規としてセットし、モルタルを詰めながら平らな面を作ります。定規をはずし、はみ出したモルタルを、ちょうど羊かんを切るようにコテで切り揃えて完成。

2000_0725_026s.jpg

家の中心には太い大黒柱が立ちますが、超特大のネコとなしました。その作業工程がわかります。


posted by 太郎丸 at 02:02| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。