2004年01月15日

墨出し

2000_0724_063s.jpg

今回は、平らな基礎の上えでの墨出しでしたから、いつもよりは作業はしやすかったようです。
墨壷、墨刺し、指し矩はどのような場合でも、基準を印すとき必携の道具です。墨糸をピーンと張って、ピィと離すと、真っ直ぐな線が引ける。大昔からほとんど変わることのない道具です。
長さを測る場合に、メジャーも使いますが、尺杖で基準を写していくのは、やっぱり木造の現場っていう感じがしますね。


posted by 太郎丸 at 01:50| 松戸の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。